読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterに書ききれないこと

イベントや技術的なことを記したい・・・

Raspberry Pi ケース加工,設定

この前、秋葉原に行ったときにSDなど必要なものを揃えたのでやっとRaspberry Pi を使えるようになりました。

 

OSはRaspbianをNOOBSを使って入れました。

解凍してSDカードに入れるだけなのですごく簡単。

ここからダウンロード

http://www.raspberrypi.org/downloadsf:id:pinksawtooth:20130830231937j:plain起動するとこんな感じでインストールするOSを選ぶ

f:id:pinksawtooth:20130830233652j:plain

インストールできました。

f:id:pinksawtooth:20130830231956j:plain

付属のケースに入れて使っていたのですが、CPUやLANコントローラーがすごく熱くなってしまい放熱が心配になりました。

何か対策はないかとネットで調べてみると専用のヒートシンクがあるみたい。

しかし3つで400~600円と高い。

デジットで汎用のヒートシンクが売っているようなので日本橋へ行きそれを購入。ついでにケースに冷却用のファンを付けようと思い一緒に揃えました。

ケースはドリルとカッターと気合で加工しました。

ネジでファンを止めて完成。

かなり冷えるようになったんですけどちょっとファンの音が気になるかもしれません。5Vのファンを買ったのですが12Vのファンでもゆっくり動くのでそっちでもよかったかも。

ピンの接続位置はこちらを参照

http://elinux.org/RPi_Low-level_peripherals

 Pin4,Pin6を使いました。

 

これで24時間稼働させても心配なさそうなのでSSHの設定をしました。

stc/network/interfacesを書き換えてraspi-configからSSHを有効に

とりあえずこれでローカルからアクセスできるようになりました。

今のところ外からアクセスするときはVPN使うってことでいいかな・・・

次はsambaとか入れて勉強したいです。

 

いつになることやら・・・早めにしよう。