Twitterに書ききれないこと

イベントや技術的なことを記したい・・・

CODE BLUE 2017

遅くなりましたが、CODE BLUE 2017への参加報告ブログです!

今回のCODE BLUEには、夏にOWASP Kansaiで発表した際に若者枠ということでチケットをいただき、参加することが出来ました! OWASP Kansaiさん、ありがとうございました! owasp-kansai.doorkeeper.jp

関西出身なのでOWASP Kansai東京支部ということで頑張ります()

CODE BLUEには過去2回学生スタッフとして参加していたので、今回が三回目でした。 毎年、募集しているので学生のみなさんは是非応募してみてください。

講演

内容はtwitterで実況している方が何人かいたのでそれをどうぞ。

#codeblue_jp

(今年だけまだTogetterなかった)

聞いていた講演の中ででてきた資料等を貼っておきます。

あと公演ごとにまとめている記事もありました。 わかりやすい。

dev.classmethod.jp

基調講演:サイバースペースにおける国家主権

ccdcoe.org

産業制御システムに対するStuxnet以来最大の脅威

www.welivesecurity.com

インサイドShell:.NETハッキング技術を応用したPowerShell可視性の向上

資料が公開されていてありがたい・・・

github.com

日本を狙うAPT攻撃の全体像 - APT攻撃インシデントSTIXデータベース

github.com

攻撃者の行動を追跡せよ -行動パターンに基づく横断的侵害の把握と調査-

基調講演: OSSによる自動車の自動運転化 –

ジョージ・ホッツが見たかった、それだけで満足しましたw

このslackに入れば彼らのプロジェクトに加わることが出来るらしいので、自動運転に興味ある人は参加してみては。

コンテスト

去年は企業のハッキングチャレンジだけだったのですが、今年はCODE BLUE CTFが開催されていました。 運営は日本を代表するCTFチーム、BinjaとTokyo Westernsでした。

CTFtime.org / CODE BLUE CTF 2017

出展している企業も多く、講演が見たかったので覗いただけだったのですが、5Fもだいぶ活気がありました。

コンテスト || CONTENTS || 世界トップクラスの専門家による情報セキュリティ国際会議「CODE BLUE(コードブルー)」

あと個人的に攻殻機動隊が好きなので、毎年楽しみにしている攻殻CTFも開催されていました。 女性限定イベントなので、参加はできませんがサイバーパンクな雰囲気だけ味わうことができました。

さいごに

昼は技術、夜はお酒と非常に充実した2日間でした。 あらためてチケットをいただきましたOWASP Kansaiさんに感謝します。